タオバオのTMALL天猫とWeiboがタッグを組んで新商品を爆売り

2019年にタオバオのTMALL天猫で発売された新商品は1億点を突破。

商品の供給が絶対的に足りない中国では、消費者は新商品に飢えています。

例えば、「新商品(新产品)」という言葉は、タオバオの検索で2019年の1年間だけで100億回検索されています。

同じく、2019年にタオバオのTMALL天猫で発売された新商品は1億点を突破し、8300万人がそのような新商品を購入しています。

タオバオのTMALL天猫とWeiboがタッグを組んで新商品を爆売り。

一方、Weiboではどうかというと、1年間で新商品の総拡散量は1500億回、6万のハッシュタグ(話題)に上り、毎日平均200万人のユーザーが新商品に関する話題を発表しています。

今回、タオバオのTMALL天猫とWeiboではタッグを組み、新商品を求めているユーザーに対して相乗効果でのマーケティングを展開しました。

例えば、4月に「朱一龍HEYDROPプロジェクト」は3日間で全体の露出が2億を突破し、88万の販売を。5月8日にスタートした「華晨宇新アルバム発売」のハッシュタグは一週間で3.7億本を突破しました。

タオバオのTMALL天猫とWeiboのタッグの事例1
「朱一龍HEYDROPプロジェクト」は3日間で全体の露出が2億を突破、88万の販売。

新たに「尤物志」と言うQ&A専用チャネルを設立する。

また、新しくWeibo内に「尤物志」という新商品のQ&A専用のチャンネルを作りました。

新商品のQ&A専用のチャンネル「尤物志」
新商品のQ&A専用のチャンネル「尤物志」

そこでは、様々なインフルエンサーがコメントを残すことで、新商品に対するユーザー目線の情報発信を行っています。

このように、様々な新商品に対するマーケティングやユーザーサポートは今後も進んでくると思うので、目が離せません。