中国2大インフルエンサーの618セールのデータ分析

中国2大インフルエンサー「李佳琦Austin」と「薇娅Viya」の618セールのデータ分析

今年前半の中国マーケティングへの最大のトピック「618セール」は、全体的には大変好調なうちに終えることができました。

一方で、今年の618セールはインフルエンサーや芸能人のライブコマースが販売に大きく貢献しましたが、インフルエンサーの618セールの日の疲労は凄まじいものがあったようです。

例えば、トップインフルエンサーの李佳琦Austinは、最後のライブコマースの終了後、病院へ駆けつけ鼻炎の手術を行いました。

基本的に、 ライブコマースインフルエンサーの世界は、トップインフルエンサーでも毎日のようにライブコマースを行い、それでも頻繁にトップクラスのインフルエンサーの入れ替わりがある大変厳しい世界だと言われています。

もちろんトップ以外のインフルエンサーも大量におり、職業としての競争は熾烈を極めていると言われています。

また、今年の618セールの日の特徴として、芸能人が多数ライブコマーズに参戦してきており、そういった意味でも今後ライブコマースやショートムービー専用のインフルエンサーが生き残っていくことは、 かなり厳しくなってくることでしょう。

そんな中タオバオから、トップインフルエンサーの李佳琦Austinと薇娅Viyaの618セールの販売状況に関するマーケティング分析が出ています。

これにより618セールの日全体の把握にもなるので今回はそのマーケティング分析を紹介しましょう。

トップインフルエンサーの李佳琦Austinと薇娅Viya。トップといえど競争は熾烈で高いプレッシャーに晒される。
トップインフルエンサーの李佳琦Austinと薇娅Viya。トップといえど競争は熾烈で高いプレッシャーに晒される。

李佳琦Austinは化粧品・美容を中心に薇娅Viyaは化粧品や食品を中心に満遍なくライブコマースを行う。

まずは李佳琦Austinと薇娅Viyaの扱っている商品というのが同じではありません。

李佳琦Austinは2018年からライブコマースを開始し、口紅なのメイクものも女性向け化粧品を自ら試しと言う「口紅兄さん」として人気を集めた経緯から、 今でも彼が紹介しているほとんどの商品は化粧品、美容関連です。

一方、薇娅Viyaは2016年からライブコマースを開始し、 最初は女性向けファッションのライブコマースを行っていましたが、当時はタオバオのライブコマースが黎明期であり、紹介する商品リソースがそこまで多くなかったこともあり、様々な商品の紹介をして欲しいと言う彼女のファンのニーズがあり、そこから全方位型とも言えるあらゆる商品の紹介を行う形へと変化していきました。

これは今回の618セールでの数字にも表れており、5月25日から6月18日までのライブコマースで、李佳琦Austinは600の商品(1日平均約26商品)を、薇娅Viyaは1000(1日平均約40商品)の紹介をしました。

その中でもやはり一番多いのは両者とも化粧品や美容関連の商品で、次が食品関連でした。

とはいえ、薇娅Viyaの化粧品や美容関連の商品紹介は370商品で全体の約37.5%、李佳琦Austinの化粧品や美容関連の商品紹介は66.5%と、李佳琦Austinの方がより化粧品や美容関連に特化しています。

李佳琦Austinは化粧品・美容が中心で、これに食品がライブコマースの主力商品となっている
李佳琦Austinは化粧品・美容が中心で、これに食品がライブコマースの主力商品となっている。タオバオより。
薇娅Viyaも化粧品・美容と食品が多いものの、満遍なく様々な商品をライブコマースしている
薇娅Viyaも化粧品・美容と食品が多いものの、満遍なく様々な商品をライブコマースしている。タオバオより。

両者とも化粧品はローエンドからハイエンドまで扱っているが、食品は50元以下のものがほとんど。

次にライブコマースで紹介している商品の価格です。

李佳琦Austin、薇娅Viyaともに、扱っている商品の価格に関しては、化粧品や美容と食品に関してそこまで大きな差はないというのが下記のグラフから言えると思います。

グラフから読み取れるのは化粧品・美容に関しては扱っている商品の値段は結構バラバラですが、食品に関してはほとんどのものが50元以下のものを扱っていると言う傾向が出ています。

両者とも化粧品・美容のライブコマースしている金額はローエンドからハイエンドまで幅広い
両者とも化粧品・美容のライブコマースしている金額はローエンドからハイエンドまで幅広い。タオバオより。
一方、食品のライブコマースでは、ほとんどの商品が50元以下。タオバオより。

扱っているブランドに関しては、薇娅Viyaは海外有名ブランドが多いが、李佳琦Austinは国内の新規性の高いブランドもライブコマースしている。

ブランドに関しては、常時契約しているブランドが多く紹介されています。

その中でも薇娅ViyaはランコムやP&Gなど有名な欧米ブランドを数多く紹介していますが、李佳琦Austinはどちらかと言うと新規性のある新しい国内ブランドを紹介する傾向がありました。 

薇娅Viyaは有名な欧米ブランドを数多く紹介しているが、李佳琦Austinは新規性のある新しい国内ブランドもライブコマースしている。
薇娅Viyaは有名な欧米ブランドを数多く紹介しているが、李佳琦Austinは新規性のある新しい国内ブランドもライブコマースしている。

ファン数に関しては薇娅Viya、李佳琦Austinともに6月18日までに2700万人を突破しました。 

他にも618セールは多数の芸能人がライブコマースに参加したこともあり、芸能人が出演したライブコマースの平均視聴数は343%増加、ファン数は平均670%増加したと言うデーターが出ています。

芸能人が出演したライブコマースの平均視聴数は343%増加、ファン数は平均670%増加と数字上の効果は高い。
芸能人が出演したライブコマースの平均視聴数は343%増加、ファン数は平均670%増加と数字上の効果は高い。タオバオより。

このように見てみると、トップインフルエンサーの中でも共通している部分と共通していない部分があるということがわかります。

またライブコマースで売れている商品の価格帯などは自分でライブコマースを行う際に参考になるかと思います。

今後は、 ライブコマースのインフルエンサーが芸能人にとって代わられるのか、あるいは他のジャンルで生き残っていくのか要注目でしょう。